プロ野球選手になる方法2

二つ目の要素は『目』。

「なんだ、私の息子は視力が2.0あるから大丈夫」と思った方もいるかも知れませんがそうではないんです。
簡単にいうと、動いているものを正確にとらえ、瞬間的に認識する能力なんです。
動体視力がいいというだけではありません。
今、スポーツ医学の世界では「スポーツビジョン」というものがありまして、それに関しての研究が進んでいます。
でも現在の段階では、いろいろな検査があるなかで、どの検査結果がどういうパフォーマンスに関係してくるのかというのが解明されていません。

「それじゃダメじゃん!」と言われてしまいそうですが、とても有名なエピソードが一つありまして、野球が日本で一番上手な鈴木選手の話です。
彼は学生時代に近くのバッティングセンターへよく行っていたようですが、特別にボールのスピードを速くしてもらい、なおかつ、マシンに近づいて(ピッチャーとバッターの距離を縮めて)バッティングの練習をしていたそうです。
ここが話の《ミソ》なんですが、彼は無意識のうちにこれが『目』のトレーニングにもなっていたんです。
技術が上達し、目の能力も向上しまさに一石二鳥!

テレビで見たのですが、彼はやはりチーム内でも野球の視力は、抜群によかったそうです。
この辺に、彼の天才的な打撃の秘密があるのではないかと私は睨んでいるのですが。
ちなみに去年、セ・リーグで首位打者をとった選手も『目』は凄いらしいです。

今までの野球界では、目に関してはわりと無関心だったのですが、日本で三本の指に入る有名なトレーナーがいる関西のジムで、最近目を鍛える最新機器が導入されたそうです。
これから10年経つとみんな目のトレーニングを始めてしまうので、今から先取りしてみてはいかがでしょうか?
手っ取り早い方法としては、とにかく速いボールを打席にたって見ることなので、バッティングセンターへ行って下さい。
そして一番速い球速の打席でバッティング練習をして下さい。140~150キロが理想です。
高井戸整骨院情報ですが、駒沢と大和のバッティングセンターは凄く速かったような記憶があります。
ぜひ一度、行ってみてはいかがでしょうか?

蛇足ですが、巨人のある選手の趣味はバッティングセンターへ子供と行くことらしいです。
私には、したたかな計算が働いている様に見えるのですが、考え過ぎでしょうか?

~その3へ~

執筆日:2003/07/11
ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.