プロ野球選手になる方法 3

そして、最後に三つ目ですが、「性格」。

抽象的で分かりづらいですよね?
もっと分かりやすく言えば、「負けず嫌いの性格」。
野球だけに限らず全てのスポーツに共通して言えることだと思います。 
単純明快な話で、〈試合で負けると悔しい→今度は負けたくないからもっと練習をする〉という図式です。
但しプロ野球選手レベルになると、極端にいえば何をやっても学生時代は一番な訳で、逆に言えば「常に一番でなければ気がすまない性格」と言い換えることができるのではないでしょうか。
本当にこの人たちのレベルでの負けず嫌いは特別です。
負けてしまうと、悔しいを通り越して「怒り」になってしまいます。
その「怒り」のパワーがトレーニングという方向へベクトルを向かわせ、そして結果として〈 練習量増加→それによる技術向上〉の繰り返しになっていきます。

何歳ぐらいの時にそういう性格がきまるのか?
どの様にすればこんな性格になるのか?

いろいろな意見があるとは思うのですが、全く解っていません。
別に開き直っている訳ではありません。
本当に誰も解らないんです。
それでもなんとなく思うことはありまして、今までの人生を振り返ってみると兄弟がいる子のほうが一人っ子よりは負けず嫌いのような気がします。
もうひとつ、小学校低学年の時点で負けず嫌いか否かは決まってしまっているような気がします。

ちなみに、「現在のプロ野球選手で特に負けず嫌いは誰か?」と私が尋ねられたら、迷わず「イチロー選手」と答えます。
なぜそう言うのかといいますと、一昨年のMLBリーグチャンピオンシップでの出来事ですが、ヤンキースとの対戦で残念ながらイチロー選手のチームは敗退してしまいました。
でも、敗退が決定的な試合の最後の打席で、イチロー選手は明らかに怒っていました。
怒りのあまり、自分のスイングを捨て、珍しくただただフルスイングをしていたのです。
私にはあの彼の「怒り」が今でも脳裏に焼きついています。
脱線してしまいますが、サッカーの中田英寿選手も昨年のW杯ではグループリーグで足首を負傷してしまったにもかかわらず「勝つ」というこだわりのため一言も痛いと言わず、全試合を戦い抜きました。
未だに当時の捻挫の事は一言たりとも話していません。
引退して自伝を出す頃にとっておきのあの頃の話を披露してくれるのではないかと思ってみているのですが。

長くなってしまいましたが、結論として一流アスリートはとにかく精神力が強い、という事を分かっていただきたいと思います。
但し、強いとか弱いとかいうレベルではなく、想像を絶するほどの「負けず嫌い」なんです。

今まで3回に分けて「プロ野球選手になるためには」みたいなものを書かせていただきましたが、これを読んで実践したらうちの子がプロ野球選手になりました!なんて話はおそらくありえないと思います (^_^;)
このせちがらいデフレ不況の中、子どもを野球漬けにし、なおかつ莫大なお金と時間を費やすことができる家庭がそんなにある様には私には思えません。
でも野球に限らないと思いますが、スポーツというものはとても素晴らしいものだと思います。

全ての人がドラフト1位、契約金1億2千万円というのは無理かも知れませんがスポーツをした事によってかけがえのない仲間が生まれ、一番の財産と思われる健康な身体を作り出す事は可能ではないかと思います。
整骨院という仕事柄、たくさんの身体の調子が悪い方々を診察させていただくなかで、やはり健康は人生において一番素晴らしいのではないかと切に思います。

別に子どもさんがプロ野球選手になれなくてもいいじゃないですか。
先日の高校野球甲子園大会の予選ですが、弱小都立高校野球部が、九回裏2アウトランナー無しからの一挙9点で奇跡の大逆転サヨナラ勝ち。
彼らにとっては何にも変えがたい一生の財産だと思います。

プロ野球選手になることより、ただのお金持ちになることより大事なことはたくさんあると、ダイヤモンドのような子供たちに大人がちゃんと伝えて、未来が明るい豊かな日本になることを小さな整骨院から心より願っています。

このコラムを書く機会を与えて頂いた高瀬さん。ありがとうございました。
野球というスポーツに心から感謝を込めてコラムをお終いにさせて頂きます。

高井戸整骨院 院長 森 英利

執筆日:2003/07/11
ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.