肉離れ


〜肉離れは挫傷ザショウとも言います〜


〈 肉離れとは 〉

肉離れとは簡単に言うとと筋肉の損傷です。好発部位は太ももとふくらはぎ。太ももは前側に起こる場合と後側に起こる場合があります。筋肉の名前で言うと大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋あたりです。ふくらはぎの肉離れは重傷のものは腓腹筋だけではなくヒラメ筋という中の方の筋肉まで傷めてしまうこともあります。

〈 治療方法 〉

治療方法は安静がメインです。安静にしながら電気治療をしたり、装具や包帯などで固定したりと症状をみながら進めていきます。時間が経ち、良くなってきたらストレッチをしたり軽く運動したりとアスレチックリハビリテーションを行っていきます。

〈 治療期間 〉

治療期間は症状によって様々です。1週間程度でほとんど治ってしまう患者さんもいれば、3ヶ月近くかかってしまう患者さんもいます。普段、運動をしていない方が急に強い運動をして傷めたときに重傷になる場合が多いような気がします。

〈 肉離れは繰り返す 〉

一度肉離れを起こしてしまうと、再び再発する可能性が高くなります。理由は筋肉というのは電子顕微鏡で見るととても綺麗な縞模様をしています。その縞模様が肉離れを起こしてしまうと瘢痕化してしまい縞模様ではなくなってしまいます。そしてその瘢痕化してしまった部分の柔軟性が低下してしまいまた肉離れを起こしてしまうというメカニズムです。プロ野球選手でよく太ももの肉離れを繰り返してしまう選手がいるのですが、上記のような理由でそうなってしまっています。

〈 肉離れの予防方法 〉


渋谷から18分・新宿から20分・吉祥寺から5分

東京都三鷹市井の頭1-31-25-101 高井戸整骨院 三鷹台駅 徒歩1分

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.