交通事故治療☆整骨院☆


交通事故 実績が豊富な整骨院



@三鷹台駅の高井戸整骨院

高井戸整骨院は交通事故の患者様の治療が最高に得意な整骨院です。

・事故による痛みなど、あらゆる症状でお困りの方
・保険会社との交渉が苦手な方
・いろいろこじれてしまって、どうしたらいいのか分からない方

あらゆるみなさまの味方になれる整骨院です!!

京王井の頭線 三鷹台駅 徒歩1分

地図→Google Map

交通事故02
©KAYE MIYAJIMA



交通事故 治療|当院の特徴 ①



交通事故01

交通事故04
©KAYE MIYAJIMA



高井戸整骨院 トップページ 
三鷹台 久我山 吉祥寺からすぐ(三鷹台駅 徒歩1分未満)

高井戸整骨院 院長紹介など

地図 Google Map
スマートフォンの場合は、高井戸整骨院の下に三鷹台駅が隠れてしまうことがあります。→地図を指で拡大すると問題が解消されます。


ご予約方法
(予約なしで直接、高井戸整骨院へ来ていただいても大丈夫です)
ご予約はLINE または メールで承っております。

LINEの検索窓より
[ 高井戸整骨院 ]または
[ @takaidosan ]で検索してみてください。
高井戸整骨院の公式アカウントが出てくると思います。
LINE高井戸

こちらのアカウントを友だち追加していただき
トークよりご予約ください。

または下の友だち追加ボタンより追加し
トークよりご予約してください。


メールアドレスは

takaidoseikotuin@gmail.com

です。
※まれに迷惑メールに自動で振り分けられてしまうことがございます

こちらから患者様の
お名前
年齢
事故日
お住いの市町村
希望の診察日時

を入力して送信してください。
基本的には2時間以内にはご返信させていただいております。
お気軽にご予約くださいませ。
お急ぎの場合は
電話 0422-72-0263
までお願いいたします。



交通事故肩01

むち打ち文章01-2

スマ肩02

むち打ち文章02-2

むち打ち文章03

むちうち内田さん01
©HIROSHI UCHIDA

むち打ち文章04

むちうち内田さん02
©HIROSHI UCHIDA


むち打ち文章05

むちうち内田さん03
©HIROSHI UCHIDA

むち打ち文章06

むち打ち文章07

むちうち内田さん04
©HIROSHI UCHIDA


高井戸整骨院 トップページ 
三鷹台 久我山 吉祥寺からすぐ(三鷹台駅 徒歩1分)

高井戸整骨院 地図 Google Map


※ facia ファシア(=筋膜)について
NHK ためしてガッテン でも取り上げられました。







アド05
©KAYE MIYAJIMA

世の中にはむち打ち専門と謳っている整骨院や接骨院が星の数ほどあります。理由は治療費が一般の患者さんより高額だから。シンプルに自院の利益のことを優先に考える整骨院や接骨院で十分な治療は受けられるのでしょうか?

それと一般的な整形外科。どうしても交通事故の患者さんは手がかかるため、丁寧に診てもらえないことが多々あります。ひどいケースでは治療費を患者さんに立替払いという形で支払ってもらおうとする整形外科まで。

こんな現状において患者さんはどこの病院で診てもらい治療をしてもらえばいいのでしょうか?

絶対的に言えることはちゃんと勉強している先生のところで診てもらうことが大事。世の中の資格のすべてに当てはまりそうな気がするのですが、資格を取ったあとにまったく勉強しなくなってしまう人が多すぎます。資格取得というのはゴールではなく、スタートであるべきなのです。

「いい先生」は治療が上手で対応が親切です。患者さんであるみなさまが少しでも早く回復し日常の生活に戻れるよう、インターネットを介してサポートすることができれば幸いです。






むち打ち治療


以下はむちうちの症状や治療のことなど患者さんのために分かりやすく書いてみました。大事なことは正しい知識を持った上で適切な病院を選択することです。みなさまの治療や示談のために役立てていただければと思います。




〔 どこの病院へ行けばいいのか? 〕

〜むち打ちが専門の医療機関の特徴〜

むち打ち治療

< 整形外科 >

整形外科では首や腰のレントゲン・MRIなど、画像検査をもとにしっかりとした診断をしてもらえます。MRIは比較的大規模な病院でないと撮ってもらえないのですが、最近では個人クリニックでも置いてあるクリニックがあります。後遺障害認定(=後遺症認定)をしてもらうときに重要なのが、お医者さんの画像検査データと診断書になってきます。
処方箋を出せるのも整形外科などの病院だけです。痛み等に対して薬を飲んで症状を楽にしたいときは整形外科で薬を処方してもらいます。


おすすめの整形外科

しんむら整形外科 吉祥寺


< 整骨院・接骨院 >

むち打ちになってしまうと様々な症状が出てきます。首の痛みや頭痛、手のしびれ、腰痛、倦怠感など。
これらの症状を一番丁寧に治療してもらえるのが整骨院や接骨院です。
患者さんの多い整骨院や接骨院なら上手な先生に出会える確率は高いと思います。整形外科のリハビリ室の先生にも上手な先生はたくさんいます。理学療法士の資格を持っていて経験が10年以上ある先生であれば安心です。逆に整形外科のリハビリ室で理学療法士の資格を持っていない先生や整骨院の経験が浅い先生だと治りが遅くなってしまうかも知れません。


< 耳鼻咽喉科 >

めまいや耳鳴りがひどいときに診てもらいます。交通事故によるめまいや耳鳴りは治りが悪く、治療にも難渋する場合があるのですが専門家に診てもらうというのが一番良い治療法だと思います。

< 脳神経外科 >

交通事故のむち打ちがきっかけとなって脳脊髄液減少症という疾患になってしまう方も稀にいます。症状がとても強く日常生活が非常に困難になってしまいます。まだ脳脊髄液減少症という疾患自体の認知度が低く、専門で診てくださる先生の数も非常に少ないというのが現状です。もしむち打ちになってしまい、辛くてまったく仕事へ行けないなどの強い症状があるときは脳脊髄液減少症が専門の先生に診てもらうことをおすすめします。




〔 むちうちの症状 〕

〜むちうちの症状は様々〜

むち打ち症状

むちうちの臨床症状は多彩です。事故直後、数日後、1週間後、1ヶ月後では症状がまったく変わってきます。首の痛み・頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・手足のしびれ・腰痛などをはじめとし様々な症状が現れます。

1週間後ぐらいに一番症状が強くなる方が多いのですが、1ヶ月後に一番症状が強くなる方もいらっしゃいます。むち打ちは安静にしているだけではなかなか治りません。電気治療だけでも不十分です。治療が上手な先生に診てもらうことを強くお勧めします。

症状は当然軽度のものもあれば重度のものもあります。ひどいものになると易疲労感・筋力低下・睡眠障害などが起きることもあります。
このような様々な症状を最小限に抑えるためにも事故直後の適切な治療はとても大事です。しっかりと専門的に診てもらうことができる整形外科や整骨院で診察をしてもらいましょう。

むち打ち症状

なぜ交通事故の追突でこのような様々な辛い症状が出てしまうのか?

人間の首はもともと後ろから外力が加わるということを想定しているつくりにはなっていません。首は真後ろからの外力(衝突)に対しての防御機構を持っていないのです。頚椎は後ろからの衝撃に弱い形態となっています。

靭帯や椎間板にも大きな外力に対抗出来る程の強度はありません。そして筋肉は収縮時であれば防御機構として役に立つのですが、なにゆえ追突事故は不意に訪れるので筋肉を収縮させる時間的な余裕がなく防御機構として機能しません。

症状の経過として一番多いのは事故直後は症状がなく1〜3日後に首の辛さや全身症状が出てくるパターンです。理由は未だにはっきりしていないのですが、自律神経など神経系が関係しているという説が有力です。もちろん、事故直後は身体が一種の興奮状態になるのでそのせいで症状を感じづらいというのもあると思います。



文献
1) Pearce,J.M.S.:The mythof chronic whiplash syndrome.Spinal Cord.37 :741-748、1999.
2) Jaspers,J.P.C.:Whiplash and post-traumatic stress disorder.Disabil Rehabil.20 :397-404,1998.




〔 むち打ち 画像所見 〕

〜むち打ちは検査では写らない〜

むち打ち治療

むち打ちのときに首のレントゲンを撮っても特に異常がない場合がほとんどです。ではレントゲンを撮る必要はないのか?いえ、そんなことはありません。首のレントゲンを撮って特に異常がないということを確認することが大事なのです。

レントゲンで異常がないというのは患者さんにとって大きな安心感となります。この安心感は早期治癒のためにとても大事な要素になります。また保険会社も一度病院や整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらっている患者さんに対しては信頼が大きくなり良好な関係を築くことができます。

整骨院で治療をするのはとてもお勧めなのですが、同時進行で一度整形外科でレントゲンを撮ってもらうというのが理想的です。整形外科でレントゲンを撮ってもらい治療は整骨院でというのが現在の主流になっています。どこの整形外科がベストなのかは整骨院の先生に聞いてみることをおすすめします。整骨院はどの整骨院でもいいわけではなく、きちんと専門的な治療をしてくれる整骨院を選ぶことがとても重要です。


MRIは椎間板の損傷の有無を見極めることができます。その見つかった損傷が事故前からのものなのか、事故が原因のものなのかを判断するのは難しいのですが椎間板の損傷の有無によってある程度の治癒までの期間を予測することができます。もし近医でMRIを撮ってもらえるところがあるのであれば撮影をお願いしてみて、医師の判断を仰ぐというのがベストだと思います。

そしてMRIはレントゲンと一緒で賠償医学的な意義が大きいです。自賠責制度では後遺障害に対する補償制度がありその認定の際にMRIが重要になります。手足のしびれが後遺症として残っている患者さんが後遺障害を認定してもらう時にMRIで原因を証明出来れば、後遺障害の認定がスムーズになるといった具合になります。




〔 むち打ち 治療について 〕

〜むち打ちは治療が一番大事です〜

むち打ち治療


〈 むちうち治療 いい病院・整骨院の見分け方 〉

・基本的に患者さんが多い
・外傷(=けが)やスポーツをしている患者さんが多い←むち打ちは外傷です
・小学生や中学生、高校生など学生が多い
・60分マッサージが治療メニューにあるところはお勧めしません←マッサージと外傷はまったく別物です
・インターネット広告を出すところは患者さん優先ではなく、利益優先の整骨院です
・スタッフの年齢層のバランスが良い←経験豊富な先生と若い先生など
・学会へ出席する先生はよく勉強している先生です


〈 むち打ちで整骨院へ通院する患者さんの特徴 〉

・頚が重だるい
・頭痛がする
・首から背中や腕にかけてが辛い
・日によって症状が違うし天気によっても左右される
・手足がしびれる
・腰が痛い
・倦怠感が強く仕事へ行くのが辛い
  etc


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


〔 むち打ちの難しさについて 〕

〜むち打ちが難しい理由〜


むち打ち治療は難しいのですがどうして難しいのかを分かりやすく説明したいと思います。
そもそも医学とは過去のデータに基づき発展してきました。手術や新薬による最新の治療法などは論文データで効果があることを立証して、それをみんなで検証し、そしてそれがスタンダードな診療になってきました。

むち打ち難しさ

しかし外傷性頚部症候群(ガイショウセイケイブショウコウグン)(=むち打ち)は論文が少なく、未だに確固たる治療方法が確立されていません。

どうして論文が少ないのか?
→それは医師にとって外傷性頚部症候群(=むち打ち)の論文を作るのが難しいから。

その理由は
・病態が多岐にわたり、とらえどころがない
・画像など客観データが乏しい
・患者さんの中には少数ですが、慰謝料を多くもらいたいがために痛くないのに痛いという人がいる

そんな中でも探してみると素晴らしい医師の方々がむちうちの論文を発表しています。しかし内容をよく読んでみると過去の海外の医療機関でのデータの紹介であったり「病態は不明である」というものが多いです。

この現状は私がむち打ち患者で症状がとても辛かったら本当に泣きたくなります。ただ泣いていても始まりません。むち打ち患者のみなさまの近くに、なんとかしてくれる先生はきっと居ると思います。まだ野球肩や野球肘の患者様のために作ったような全国の病院紹介ページは作れていないのですが、なんとかみなさまのために情報を集め、少しでもお役に立てるようにと考えております。





〔 自賠責保険について 〕


〈 自賠責保険とは? 〉

〜分かりづらい自賠責など保険の話〜


自賠責保険とは人身事故にあってしまった被害者の方を救済するための保険です。車やバイクを所有している方は必ず加入しなければいけないという強制保険です。
被害者一人につき120万円まで支払ってもらえます。ですから同乗者が居て被害者が2人の場合は240万円(一人120万円が上限)まで支払ってもらえます。

自賠責保険で補償してもらえるのは、治療費・休業損害・慰謝料です。
傷害による損害 (損害保険料率算定機構HPより)

治療費は病院や整骨院でかかった治療費、文書料、交通費などが含まれます。

休業損害は事故のために仕事へ行けなくなった場合、その分の収入を補償してくれるものです。主婦の方も収入の減少があったとして休業損害がもらえることになっています。

慰謝料は精神的・肉体的な苦痛を被ったことに対して支払ってもらえるものです。1日につき4200円もらえることになっています。ただしこの日数の計算が複雑です。
〈 診療期間 病院へ通い始めてから治癒になった日までの日数 〉
〈 通院実日数 実際に病院や整骨院へ通院した日数 〉
診療期間と「実診療日数×2」を比較し少ない方を通院日数とし、それに4200円をかけて慰謝料を計算します。

【慰謝料の目安】
→3ヶ月間に合計30回通院して治癒となった場合
治療期間がおよそ90日、通院実日数×2が30日×2=60日となります。
これの少ない方は60日となるので、計算は60日×4200円で慰謝料は約25万円となります。
自賠責保険での傷害慰謝料計算方法 (河原崎法律事務所HPより)

【整骨院での治療費の目安】
1部位で1ヶ月に24回通院した場合→おおよそ7万6000円
2部位で1ヶ月に24回通院した場合→おおよそ14万円
3部位で1ヶ月に24回通院した場合→おおよそ17万8000円
以上がだいたいの基準です。厳密にいうと逓減といって3ヶ月を越えると計算が×0.6になったり、細かい料金が算定できたりできなかったりと10項目以上のことがらを踏まえたうえでの計算になってしまうので、ここでは目安程度のものを書かせてもらいました。

〈 後遺障害について 〉

〜後遺障害を認定してもらうためには書類が重要です〜


後遺障害とは、事故によって身体に回復が困難と見込まれる障害が残ったため、労働能力や日常生活に支障があると認められる場合をいいます。後遺障害を残した事故の場合は、身体に残った障害の程度に応じた等級によって逸失利益および慰謝料等が支払われます。(損害保険料率算出機構HPより)
一般的に病院や整骨院へ通院していた患者さんが認めてもらえる後遺障害は12級、または14級となります。

12級→傷などが顔などの見えるところに残った場合
14級→局部に痛みやしびれなどの神経症状を残すもの
(残存神経症状についてMRI,レントゲンなどの他覚所見はないものの,診療の経過などから連続性・一貫性が認められ説明可能な症状であり,故意の誇張でないと医学的に推定されるもの)
後遺障害等級 (国土交通省HPより)

〈 後遺障害があるのかないのかは誰が決めるのか? 〉

後遺障害の認定の前に大事なことは、医師が残存している症状に対して症状固定と判断しなくてはいけません。症状固定は医師が診断するものですが、そのタイミングは患者さんと症状経過を見てきた医師とが相談して決めるのが理想的だと思います。

そして症状固定となったら医師が、後遺障害診断書というものを作成します。それを保険会社に提出して、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所というところで審査をします。その審査によって後遺障害が認められたり、認められなかったりとなります。

※後遺障害診断書というのは医師でなければ作成することができません。ですので、事故直後から治癒までずっと整骨院で診てもらっていた患者さんは後遺障害を申請すること自体できなくなってしまいます。完全に症状がなくなり治癒となればまったく問題はないのですが、経過が思わしくない患者さんは整形外科で診察してもらいながら整骨院で治療をしてもらうというのを個人的にはお勧めします。





交通事故お問い合わせ


高井戸整骨院は予約制ですが、予約がなくても大丈夫です。交通事故・むち打ちの患者様の治療をしっかりとさせていただいております。
現在、整形外科で診療をしてもらっている方やほかの整骨院や接骨院で治療をしてもらっている方でもまったく大丈夫です。

交通事故・むち打ちは治療が一番大事です。お気軽にご相談くださいませ。

渋谷から18分・新宿から20分・吉祥寺から5分

東京都三鷹市井の頭1-31-25-101
京王井の頭線 久我山駅となりの三鷹台駅徒歩1分

交通事故治療研究所 三鷹の高井戸整骨院

地図 高井戸整骨院 Google Map

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.