むち打ち 労災 自賠責など

労災vs自賠責

〔 むち打ち 労災と自賠責との兼ね合い 〕

〜労災と自賠責 どっちを使えばいいの?〜

交通事故もさまざまな交通事故があるのですが、通勤途中や勤務中に交通事故にあってしまうことがあります。

この場合は自賠責と労災のどちらかが使えるのですが、話が複雑で分かりづらいのでこの辺のことを分かりやすく書いてみようと思います。


自賠責保険 → 国土交通省
労災保険 → 厚生労働省
※この場合は健康保険を使うことはできません

結局は治療費は国が管轄している機関から払ってもらえるということになるのですが、どちらを使うかによって患者さんにメリット・デメリットが発生します。

労災を使うメリット
・治療費の総額を低く抑えることができる
労災を使うデメリット
・併診するときは医師の許可が必要

自賠責を使うメリット
・自由診療なので治療に制限がかからない
自賠責を使うデメリット
・治療費がかさみやすい

以上のことがらは示談後、患者さんが受け取る慰謝料に大きく影響してきます。一般的な相手に過失がある交通事故の場合は治療回数が多い方が慰謝料はたくさんもらえます。労災で整形外科へかかるとお医者さんは整骨院などの治療院へ通院することを許可してくれない先生の方が多いです。そうなると必然的に治療回数が減り受け取る慰謝料も少なくなってしまいます。

しかし交通事故の加害者が自賠責のみで任意保険に加入していなかった場合、自賠責で払ってもらえる総額は120万円です。120万円を超えると加害者が自己負担で支払わなければいけなくなってしまいます。この場合、確実に慰謝料をもらうためには医療費を低く抑えなければいけません。なので労災を使い医療費を抑えるということが効果的になってきます。

ちなみに国の方針としては交通事故の場合、労災より自賠責が優先ということが行政通達で定められているようです。

先日、この話を労働基準監督署へ行って聞いてきたのですが、やはり自賠責と労災では自賠責が優先ということでした。しかし労災で請求されても労働基準監督署は損害保険会社にその治療費を請求してあとからもらえるので、どちらを使ってもらってもかまわないという言い方をしていました。

〈 まとめ 〉
勤務中に交通事故にあってしまった場合
→加害者が自賠責にしか加入していなかったら労災を使った方が得策です

上記以外の場合は自賠責で治療してもらうことをおすすめします。ちなみに損害保険会社の担当の方は労災で治療してもらえれば、その分多く慰謝料を支払うことができると言って労災利用をすすめてきますが、その分を上乗せして慰謝料をもらった人のことは私は見たことがありません。

大事なことは「よく知っていること」。よく知っていれば自分がどうすればベストなのかが見えてくると思います。






むち打ち基準

〔 後遺障害を認定してもらったときの慰謝料 〕

〜知っておいたほうがいい慰謝料の知識〜

交通事故のむち打ちなどによって後遺症が残ってしまった場合、後遺障害認定の請求書類を保険会社に提出します。そして損害保険料率算出機構内の自賠責損害調査事務所の審査を経て後遺障害の等級が認定されると、その等級に応じた慰謝料を被害者である患者さんが受け取るという流れになります。

しかしここで問題。慰謝料の額が示談交渉を弁護士に依頼するかどうかで3倍近く違ってきます。

そもそも自賠責保険は,被害者の最低限度の損害を保障しようとするものです。ここで弁護士に依頼し示談交渉をしてもらうと、将来の逸失利益をライプニッツ係数などを元に算出し、その分を上乗せして請求してくれます。

過去の判例を元に等級と年齢などによってある程度の金額は決まってきます。

保険会社は最低レベルの示談金を提示してきます。一般の方はそれで示談してしまうのだと思います。そして一部の法律に詳しい方々はしっかりと交渉して、裁判所基準に近い示談金を手にするのだと思います。

後遺障害が残ってしまったら、認定してもらってから専門家(=弁護士)に依頼。そしてしっかりと裁判所基準に近い慰謝料を受け取るというのが賢明な方法だと思います。




むち打ちトレンド

〔 むちうちがなかなか治らない患者さんのために 〕

〜むちうちの治療は難しいものです〜

交通事故などでむちうちになってしまう患者さんはとても多いです。みなさん、適切な治療を受けて早期に完全治癒していただければ理想的なのですが、現実はそうではありません。なんとか一人でも多くの患者さんが早期に完全治癒していただけるよう役立つ情報を書いていきたいと思います。

早期の完全治癒のために一番大事になってくるのが病院選びです。この病院選びによって治癒までの期間が大きく変わってしまいます。そうはいっても患者さんはどうやって病院を選んでいいのか分からないと思います。そこで「良い病院選びのコツ」をまとめてみました。みなさまのご参考になれば幸甚です。

〈 むちうちが専門であること 〉
これはとても大事なことです。整形外科は基本的にむちうちに関しては専門です。ただむちうちは一般の保険診療とは違って、治療費の請求が自賠責などを使うことによりちょっと複雑になります。稀に治療費が保険会社から支払ってもらえないなどということもあります。そんな事情もあり、整形外科でも患者さんに立替払いという名目で直接、治療費を請求するところもあるぐらいです。

ここがポイントになるのですが、むちうち専門の整形外科は絶対に患者さんに治療費を直接するなどということはありません。むちうちの患者さんの治療に慣れているので、保険会社から治療費がもらえないなんてことはないのです。だから患者さんに直接治療費を請求する必要がないのです。

〈 治療が上手であること 〉
むちうちはとにかく様々なつらい症状がでてきます。頚の痛み、重だるさ、頭痛、しびれ、腰痛など症状をあげていったらキリがありません。この様々な症状を治す一番のコツは筋肉の緊張をゆるめること。むちうちのせいで様々な症状が出現し、その様々な症状のせいで過度な筋緊張が起こってきます。この過度な筋緊張を放っておくと、最初からあった様々な症状が悪化してしまいます。

出現してほしくない過度な筋緊張。これを出現させないためにも上手な治療が必要になってきます。適任な資格としては理学療法士か整骨院の先生の柔道整復師になります。鍼灸師の資格でも大丈夫なのですが自賠責の性格上、保険会社との交渉がうまくいかないことが多いように見受けられます。ですから治療してもらう資格としては理学療法士か柔道整復師にしてください。いわゆるカイロの先生や整体師に治療してもらうことはトラブルの原因になるのでご注意ください。

そして資格を持っていれば誰でもいいというわけではありません。ここで重要になってくるのが経験です。やはり経験が豊富な先生は治療が上手。患者さんが多くて、なおかつ経験が10年以上ある先生であれば治療をゆだねても大丈夫だと思います。

〈 整形外科のドクター定期的に診察、治療は整骨院で 〉
ここではそれぞれのウィークポイントを。整形外科ではレントゲンなどの画像診断してもらえ、処方箋や診断書などをもらえるのですが一番大事な部分である治療がおろそかなところが多いです。もちろんそうではないところもあるのですが。ドクターはリハビリに通って下さいと言ってはくださるのですが、治療する先生は若くて経験が浅い先生。正直これでは早期には治らない。逆に整骨院では一生懸命治療をしてくださるのですが、レントゲンが撮れなく診断書は出せない。もちろん処方箋も出してもらえない。

ここで一番良い作戦は整形外科で定期的に診察をしてもらいながら、むちうち治療が上手な整骨院の先生のところで治療をしてもらうという方法になります。整形外科の先生も整骨院の先生もほかの病院や治療院へは行かずにうちだけに通院してくださいと言う方が多いです。理由は交通事故によるむちうちの自賠責患者さんの治療費は一般の保険診療の患者さんに比べてとても高額だから。

通院する先生のために、患者さん自身の治りが遅くなってしまったらかわいそう。病院を選ぶ権利は100%患者さんにあるのです。それは保険会社がなんと言おうと、病院の先生がなんと言おうと被害者でもある患者さんの権利なのです。

早く治すためにもっとも最善の方法を選んでいただければと考えております。




高井戸整骨院ホームページ
東京都三鷹市井の頭1-31-25-101
三鷹台駅より徒歩1分
TEL 0422-72-0263

むち打ち 症状など

むち打ち 治療

むち打ち 自賠責 任意保険 無保険など

インフォメーション

むち打ち 任意保険 無保険など


むち打ち特長

交通事故によるむち打ちなどの被害者となってしまった場合、相手である加害者側の保険で治療費や車の修理代などを賠償してもらいます。

ただし保険は様々で相手側が自賠責のみだけの加入の場合、任意保険も入っていた場合。自分が任意保険の人身傷害保険に入っていた場合、自賠責だけにしか入っていなかった場合など組み合わせは多岐にわたります。

ここでは自分と相手がそれぞれに自賠責・任意保険・無保険の場合の9パターンについてそれぞれに書いていこうと思います。


ただいま制作中となっております。 2015.03.06




〈 むち打ち 治療 お役立ち情報 〉

〜交通事故 むち打ち〜

弁護士

・ルネス総合法律事務所
様々な法的ニーズに対し、リーズナブルな費用でより質の高い法的サービスを迅速且つ安定的に提供している法律事務所です。震災後に東京電力の会長に就任した下河辺和彦先生が客員弁護士として参加している法律事務所でもあります。

・アディーレ法律事務所
交通事故被害者救済をかかげている法律事務所です。全国に支店があり、相談料0円 着手金0円という患者さんにとても親切な法律事務所です。

・加茂隆康法律事務所
交通事故専門弁護士。テレビ出演など数々の実績があり、被害者救済のため全力をあげて取り組んで下さる弁護士です。

行政書士

・ヨネツボ行政書士法人
米中先生と大坪先生が共同で立ち上げた事務所です。後遺障害申請件数は全国でもトップクラスで全国に拠点があり安心して相談にのってもらえる行政書士が揃っているようです。

・行政書士 わかば事務所

・行政書士 社会保険労務士 すがも事務所

交通事故関連

・脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
脳脊髄液減少症でお困りになっている方は一度こちらへ相談してみるといいかも知れません。きっと有益なお話を聞くことができると思います。

・財団法人交通遺児育英会
高井戸整骨院では交通事故の患者さんの治療費5%を平成25年1月より交通遺児育英会に寄付させていただいています。




高井戸整骨院ホームページ
東京都三鷹市井の頭1-31-25-101
三鷹台駅より徒歩1分
TEL 0422-72-0263

むち打ち 症状など

むち打ち 治療

むち打ち 労災と自賠責の兼ね合いなど

インフォメーション

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.