腰痛


三鷹台 久我山 吉祥寺エリア



腰椎01

腰椎02

腰痛文章01

腰痛内田さん11

腰痛文章02

腰痛内田さん12

腰痛文章03

腰痛内田さん13

腰痛文章04

腰痛内田さん14

※ myofacia ミオファシア → 下記参照

腰痛文章05

腰痛内田さん15

肩こり腰痛文章06

腰痛内田さん16

保険診療も行っております。
治療費は初診時 合計1000円程度
2回目以降 500円程度となっております。
自費診療にするか保険診療にするかは基本的に患者様に決めていただいております。

腰痛文章07

腰痛内田さん17

©HIROSHI UCHIDA
このページの7枚の写真は内田広さんの写真を使わせていただいております

※ myofacia ミオファシア(=筋膜)について
人が痛みを感じる解剖学的部位のほとんどは「 facia ファシア 」(=膜) である
小林只、木村裕明:新しい概念「筋膜性疼痛症候群」.治療 ,vol97 no5 THE 整形内科:617,2015.より
著者はNHKで取り上げられた(ためしてガッテン 2015.09.09放送)MPS研究会の会長と役員の先生です

「 facia ファシア 」の中でも「 myofacia ミオファシア 」(=筋膜)が重要でその 筋膜 キンマク に沿って治療をしていくと非常に身体が楽になります。画像上でも確認できるのですが、エコー(超音波検査)では異常な facia ファシア は厚く映り、正常な facia ファシアはすっきり映ります。

診療時間など 高井戸整骨院 紹介ページ

地図 高井戸整骨院 Google Map








〔 ぎっくり腰の治し方 〕

高井戸整骨院はぎっくり腰など、急性腰痛の治療がとても得意です。
ぎっくり腰はまずどこが悪くなって痛みを引き起こしているのかを見極めます。ここがポイント。この原因さえ分かってしまえば、あとはしっかり治療していくだけで短期間で痛みが取れていきます。

原因は大きく分けて2つあります。
・脊椎に原因があるもの
・筋肉が原因となっているもの

傾向としては脊椎が原因となっているものの方が重症で痛みが強く、治癒まで時間がかかります。筋肉が原因となっているものは、どの筋肉が悪くなったのかの正確な診断がつけば治療はわりと簡単で、3日でだいぶ楽になり1週間程度でほとんどの方が治癒となります。

脊椎が原因の患者さんは筋肉が原因の患者さんより少し時間がかかるのですが、60〜70%の患者さんは1週間程度で治癒となります。

昔のぎっくり腰の一般的な治療は、まず病院へ行ってレントゲン。ぎっくり腰と診断されて湿布と飲み薬。自宅では安静を指示されるという治療でした。それでは治るまで時間がかかる。

最先端の整形外科医は明らかなぎっくり腰はレントゲンを撮りません。超音波で体の中の状態をチェック。そして超音波で体の中を見ながら、生理食塩水を注射で患部に注入。原因となっている筋肉の筋膜リリースをして痛みをその場で取り除いてしまうということをしています。
※ 治療 特集 2015 no.5 THE 整形内科 P619より

高井戸整骨院はこの最先端の医師がしている生理食塩水での筋膜リリースを注射を使わず、徒手で行っていきます。注射が使えない分、効き目は少ないかも知れませんが、2〜3日でだいぶ楽になるという十分満足出来る結果を得ることができています。そして注射を使わない分、患者さんに安心して治療を受けてもらうということもできています。

ぎっくり腰は投薬と安静だけでは治るまでに長い時間がかかってしまいます。積極的な治療で早期治癒を目指しましょう。

※ 遠方からの患者様はせっかく治療で楽になったとしても、また帰宅までの移動の間に痛みがぶり返すことがあります。高井戸整骨院へぎっくり腰で来院なさる患者様は片道30分以内を目安にしていただくとよろしいかと思います。




〔 椎間板ヘルニア 〕

腰痛の原因の中には、椎間板ヘルニアという少しやっかいなものもあります。

椎間板ヘルニアというのは腰椎と腰椎の間の椎間板がつぶれてきてしまい、分かりやすくいうと、横にずれてしまって神経を圧迫してしまう疾患です。

症状は腰痛、下肢のしびれ、下肢の放散痛などです。
椎間板ヘルニア 日本整形外科学会
椎間板ヘルニア Wikipedia

治療方法は手術で治す方法と手術をせず治す方法があります。一般的にはほとんどの患者さんが手術をせずに治す方法を選択します。痛みなどの症状が楽になるまで患者さんによって個人差は大きいのですが、おおむね1ヶ月程度で高井戸整骨院の患者さんは楽になっている印象があります。

確定診断にはMRIが必要になります。レントゲンは骨は写るのですが、椎間板は写ってきません。高井戸整骨院の患者さんで椎間板ヘルニアの疑いがあり、かつ経過の悪い患者さん(=痛みがなかなか取れない患者さん)は整形外科でMRIを撮っていただいてます。MRIを撮って、痛みの原因がはっきりすると不思議と患者さんの症状が楽になる方が多いです。原因がはっきりしたことによる安心感なのではないかといつも考えているのですが。




腰痛は人間の宿命と言われています。患者さんの数は多く、高井戸整骨院の患者さんの約30%は腰痛です。腰痛といっても原因は様々。ギックリ腰・椎間板ヘルニア・疲労からくる腰痛・分離症・脊柱管狭窄症・ストレスなど多岐にわたります。年齢層も小学生からお年寄りまで幅広く分布します。

腰痛はまず原因を見極め、それに応じた治療が必要になります。ほとんどの腰痛はMRIなどの精密検査の必要はなく、徒手的な(手を使った)検査でおおかた診断がつきます。まれになかなか症状が良くならず精密検査をお願いする患者さんもいますが、ほとんどの患者さんは高井戸整骨院の治療だけで良化していきます。

治る早さも個人差がとても大きいのが特徴です。2回の治療ですっかり良くなりもう治療へ通わなくて大丈夫な方もいれば、長く治療へ通っている方もいます。

高井戸整骨院では、福島県立医大の菊地臣一先生の考え方に沿って、検査・診断をしていきます。日本で一番たくさんの腰痛に関連する世界中の論文を読んで、その上、腰痛患者さんをたくさん治療してきた中で、結論的に「腰痛治療はアートだ」と言った先生です。

治療内容は患者さんに応じてですが、整形外科・整骨院・指圧マッサージ・スポーツマッサージ・経穴経絡(ツボ)などの治療の優れた部分を取り入れ、高井戸整骨院独自の治療法を行っています。

完治する方には、出来るだけ短期間で完治するよう治療させて頂いてます。椎間板の変性がひどい等、完治が難しい方には、出来るだけ痛みが少なくなるよう、楽になるよう治療させて頂いてます。腰痛でお悩みの方、ぜひ一度、高井戸整骨院へお越しになってみて下さい。みなさんの日常生活が楽になるようお手伝いさせて頂きます。



原因

ギックリ腰
腰部椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
筋・筋膜性腰痛症
ストレス
腰椎分離症
腰椎すベリ症

症状

腰の痛み
股関節の痛み
膝の痛み
足のシビレ
坐骨神経痛
腰が曲げづらい
寝て起きる時が痛い

医学的検査

身体の前屈・後屈
筋力検査
股関節・筋肉の柔軟性
SLRテスト
反射・知覚検査
足血管の脈拍チェック
腰部脊柱起立筋群の状態チェック

治療

マッサージ
ストレッチ
マッケンジーの伸展療法
水のマッサージ
電気治療
温熱療法
腹筋・背筋・腸腰筋トレーニング

渋谷から18分・新宿から20分・吉祥寺から5分

腰痛治療専門。HPの年間アクセス数は30万PVを大きく超える整骨院です。精度の高い診断と筋膜リリースや3Dストレッチなどの専門治療でぎっくり腰やヘルニアなどの腰痛を楽にします。三鷹台、久我山、吉祥寺を中心に都内全域から患者様にご来院いただいています。

高井戸整骨院 紹介ページ 診療時間など

高井戸整骨院 Google Map 三鷹台駅より徒歩1分

三鷹台駅 Google Map

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.