肩関節の痛み

肩関節

    肩関節

筋肉ですべてを支えていると言っても
    過言ではありません

肩のインナーマッスル

  肩関節を安定させるために大事な筋力も
      歳とともに衰えます

四十肩

  四十肩・五十肩

原因は経年劣化したインナーマッスル

 中年を過ぎて肩関節周辺が痛むと「四十肩」かな?と思う方は多いようです。ちなみに四
十肩と五十肩は同義で、医学的には肩関節周囲炎といいます。この肩関節周囲炎はたくさん
の疾患を総称してこのように呼んでいます。周囲炎というぐらいなので肩周りの炎症は全て
含むのですが、肩が痛かったらすべて四十肩(肩関節周囲炎)という訳ではありません。

 見分けなければいけない疾患として、石灰沈着・頚部~肩部での神経圧迫による痛み・外
傷による腱板損傷・肩こり・ごくまれに肺がんなどがあります。

 四十肩の症状としては、夜間痛・着替えが辛い・手を背中の方へ持っていくと痛い・普通
にしている分には大丈夫といったところです。

 この四十肩のやっかいなのは、治るまで時間がかかること。だいたい半年から一年ぐらい。
長い方は二年近く。もともとの原因は肩関節の筋肉の劣化です。言葉を変えれば筋力低下。
肩関節というのは繊細な関節で、微妙な筋力バランスの上でなりたっています。しかし筋肉
の劣化が起こり筋力が弱くなってくると、この微妙なバランスが崩れ、関節内でぶつからな
くていい所がぶつかってしまい炎症を引き起こしてしまいます。ちょうど、このぶつかるこ
とによって痛みが出るのが40代~50代なので四十肩,五十肩と呼ばれているのだと思います。

 正直なところ、治療をしても治るまでの期間はあまり短縮されません。注射をしてもあま
り変わらない印象です。手術をすればだいぶ早く治ると思いますが、そもそも手術をしてく
れる病院はほとんどありませんし、時間が経てば治るのだから手術の必要性も現時点ではな
いと思います。

 それじゃ治療の意味がないのではと思うかも知れませんが、そんなことはなく治療すると
日々の痛みが軽減します。治るまでの期間は大差がないかも知れませんが、痛みが少なくて
すむというのは大違いです。すべての患者さんに共通だと思うのですが、治療をしていると
いう安心感はとても重要です。やはり痛みをそのままにしておくと不安になり(悪い病気だっ
たらどうしよう?など)、その結果、仕事に集中できない・周りへの気遣いが少なくなるな
どということが起こりえます。ですから治療は大事だと思うのですが、高井戸整骨院では四
十肩・五十肩の患者さんには症状にもよりますが、1週間に1度くらいのペースの治療をお勧
めしています。痛みが楽になり、肩が動くようになると言ってもらえます。

 逆に石灰沈着の患者さんは、痛みが非常に大きく、整骨院での治療効果がほとんどないの
で治療はなにもしません。しっかりと説明させてもらった上で整形外科を紹介させてもらっ
てます。ただ石灰沈着はとても痛いのですが、治るのがわりと早く1~2週間ぐらいで治りま
す。例外の方もいますが。

 このように肩の痛みといっても様々です。肩関節周囲炎は上腕二頭筋長頭腱炎・関節下滑
液包炎・腱板不全断裂・癒着性滑液包炎など病態もいろいろあります。レントゲンでは軟部
組織は写らないので石灰沈着ぐらいしか分かりません。MRIを撮ると炎症の場所は分かります
が、あまり役に立ちません(治るわけではないので)。あと20年後ぐらいには、四十肩・五
十肩の画期的な治療法が生まれるかも知れませんが、現在は地道に辛抱強く治療していくの
がベストの選択だと思います。

 ちなみに院長は野球のピッチャーだったので、野球肩に詳しく肩関節は一番専門の関節で
す。肩が痛くてお困りの方はぜひ一度、高井戸整骨院までお越しになってください。しっか
りとした診察と治療をさせていただきます。



原因

肩関節周囲炎
石灰沈着
頚部での神経圧迫
肩部での神経圧迫
腱板損傷
肩こり
まれに肺がんなど

症状

肩関節の痛み
夜間痛
着替えが辛い
手を背中の上の方へ持っていけない
腕の痛み
手が上げられない

医学的検査

肩関節の可動域チェック
結帯動作時の痛み
頚部のテスト
肩関節の筋力テスト
必要であればレントゲン

治療

マッサージ
肩関節の運動療法
筋力トレーニング
超音波
電気治療・温熱療法
塗り薬

渋谷から18分・新宿から20分・吉祥寺から5分

三鷹市井の頭1-31-25-101 高井戸整骨院

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.