野球肩・野球肘

野球肩・野球肘 予約診療

予約診療は平成27年3月で終了させていただきました。現在はすべての患者様を一般診療で診させていただいております。

以前は投球フォーム指導に時間がかかっていたので予約診療を行っていたのですが、現在はわりと短時間で対応できるようになりましたので、そのようにさせていただいております。iPhoneなどのスマートフォンの進化も一つの要因となっております。現在は患者様の症状や状態により、投球フォーム指導が必要かどうかを判断させていただいております。

遠方からの患者様(片道1時間以上かかる患者様)は電話で問い合わせをしていただき、何日に伺いたいのですがと言っていただければ院長が電話で対応させていただきます。患者様の地元に日本最高の整形外科があるときはそちらをご紹介させていただいたりということもしております。

高井戸整骨院の野球肩・野球肘の患者様にお願いしている通院ペースは、月に1回というのが基本となっております。1ヶ月後の来院までの間に自宅で柔軟性の改善と筋力強化をしていただき機能を改善・回復させるということをしていただいております。

もちろん、その自宅でのトレーニング方法は合理的な方法を来院時に教えさせていただいております。一般的なインナーマッスルトレーニングや一般的なストレッチでは不十分なのですが、正しい方法でトレーニングをすればだいぶ機能は改善されます。

投球フォーム指導も必要に応じてさせていただいているのですが、あくまでハイレベルプレイヤーの投球フォームを統計的に分析し、野球肩・野球肘学会での最新の知見と照らし合わせ指導させていただいているので科学的な分析となっております。

平成27年04月 高井戸整骨院 院長 森 英利

ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.