プロ野球選手になる方法 1

案外知られていないんですが、プロ野球選手は作れるんです。
本当なの?といぶかしがる方がほとんどではないかと思いますが、ほんのひとにぎりの人たちはその秘密を知っています。
なおかつ、それをひとり占めしようとしてみんなには内緒にしています。
《その一部の限られた人達が知る秘密》をせっかくの機会なのでこれからみなさんにお話させて頂こうと思います。

プロ野球選手を育成する為に必要な要素は三点です。

その一つ目が『体』。

ほとんどのプロ野球選手は、体が大きいんです。
ただここで勘違いして欲しくないのですが、身長が高いという事ではありません。
高いにこしたことはないのですが、要はパワーがあるという事です。それに加え、スピードのある体が理想的です。

さっそくじゃあどうやって強くて速い体を作るのかといいますとこれが簡単。

ひたすら食べる!

目安は高校生で毎日5000キロカロリー。
小学6年生は3500キロカロリーで大丈夫です。
但し、ただ食べてばかりじゃただの肥満児になってしまうので運動をしながらというのが条件です。
運動の目安は、体脂肪率が8~15%になるぐらいが理想で、20%を超えたらプロはあきらめて下さい。
まぁ簡単に書きましたが、これだけ食べてこれだけ体をしぼるというのはすごく大変なことです。
毎日毎日、日が暮れるまで練習をしなければいけません。
塾に通いながらでは基本的に無理だと思います。

余談ですが、何回か三冠王を取った大打者のお子さんは、高校一年生で身長181センチ体重98キロだそうです。
今の時点では、ただ大きいだけですが、これから毎日、10キロぐらい走り50メートルダッシュを30本ぐらいすれば、強くて速い体になり、お父さんのような大打者になるのも夢ではないような気がします。
あれぐらい大きい体が私にあれば、今ごろメジャーリーグで大活躍出来たのではないかと真面目に思っています。
根性だけは超一流だったので (*^_^*)

まぁ著者の夢話はほっといて、次の要素へ進みましょう!   

~その2へ~

執筆日:2003/07/11
ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 高井戸整骨院 All rights reserved.